無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

ディズニー英語システムと英会話教室(通信と通学)どっちがお得?

ディズニーの英語システムと英会話教室のインプット時間の違い



さて
英語幼児教育といっても、たくさん手段はあります。

 ECCジュニアやNOVAキッズに代表されるような
 英会話教室へ通学する場合は、
 週に1,2回教室に行き、そのときだけ英語に触れられます。
 私の意見ですが、これは”アウトプット”を重視した教育だと思います。
 お友達と一緒にダンスしたり歌を歌ったりするので、楽しく続けられそう
 という点では良いかと思いますが、英語に接する時間が少ないと思います。
 英語学習に必要なインプットの時間は最低でも6000時間だといわれています。
 英会話教室に行かせるなら、同時に、自宅でも英語を聞かせないと、
 インプット6000時間は達成できないです。


 次にこのディズニーの英語システムや
 ベネッセのワールドワイドキッズイングリッシュなどに代表されるような通信教育です。

 これは、CDやDVDが教材に含まれているので、かけ流ししていれば、
 インプットは十分かと思います。
 しかし、”話す機会(アウトプット)”が通学型と比べて少ないです。
 通信教育はインプットを重視した教育方法といえます。
 (ディズニー英語システムのクラブ会員になると、アウトプットの機会もありますが、
  やはり少ないです。詳細は左のカテゴリ「ワールドファミリークラブ会員」をご覧ください
 そして
 通信教育では ”続けられるのか?”の不安がありますね。



ディズニー英語システムと英会話教室、金額的には差なし!



さて、お待ちかね、金額の話をしましょうか。
とはいっても、ワールドファミリーの規定で、詳しくは書けないんだなーー。

 DWEディズニー英語システムは、最初に多額の教材費を払います。
 最初に「ミッキーパッケージ」と「リープパッド(のちのミッキーマジックペン)」を購入して
60万くらい支払いました。
 さらに、2年後に
 「Q&Aカードとボキャブラリーセット」に「レッツプレイセット」を追加購入してしまい、
 その1年後にリープパッドからバージョンアップした「ミッキーマジックペンセット」
追加購入してしまい、
 結局 全部で80万くらいは払っていると思います。
 
 うう~~!!恐ろしく高い!!
 でも、買わされたんじゃなくって、自分から買ってしまったんだな~~。


 子供が何人いても 教材は一セットだけですので、子供が多いほうがオトクです。

 月謝が10,000円の英語教室に子供一人を小学校卒業までの12年間、通学させるとしたら・・
 10,000×12ヶ月×12年=1,440,000円 かかります。
 (ちなみに、NOVAキッズは週2回のレッスンで月額15,600円です)

 一方、ディズニー英語をフルセット(約80万)で買い、
 かつ12年間ワールドファミリークラブの会員(会費役3000円)に入会するとしたら
 800,000+(3,000×12ヶ月×12年)=1,232,000円
 
 
 「高い高い!!」と言われるディズニー英語ですが、
 イベントなどに参加すると、上記よりもさらに別途、お金はかかるので、
 それを加味すると、ほとんど差はありません。
 (もっと安い英語教室があるかもしれませんが・・。)
 子供が増えても、ディズニー英語の教材費とワールドファミリークラブ会員費は
 これ以上変わりませんので、
 子供が2人以上になると、断然、ディズニー英語のほうがお得です。 

 今回は、ディズニーの英語システムと比較しましたが、
 幼児英語教材の中では金額的には最も高いので
 そのほかの教材を選ぶ場合には、英会話教室よりも格段にお得になります。
 (ただし、他の幼児英語教材の対象年齢が「小学校入学程度まで」としているところがほとんどです。
 12年も学習できないです。)

 しかし
 英会話教室に通わせるなら、やめたいときには 月謝を払わなくてすむわけですから、
 初期投資にお金のかかる 幼児英語教材、
 特にディズニーの英語システムは、始めるのに勇気と覚悟がいりますね。



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。