無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

他の英語教材とどこが違うのか?


このカテゴリでは、
「DWEディズニーの英語システム」の体験者として
教材の詳細や口コミ・体験談を述べております。


今回は、ディズニーの英語システムが
「他の英語教材とどこが違うのか?」
についてです。


ディズニーの英語システムの運営会社
ワールドファミリーは
その英語の習得方法を「母国語方式」だといっています。



「母国語方式」とは?


「英語を、英語のままで理解する」ということ。

普通、われわれが英語で何か質問をされると、
頭の中で日本語に訳してから、その答えを日本語で出して、
再びそれを英訳しますよね。



ディズニーの英語システムでは
「英語を まるで 生まれたときから
 英語圏に住んでいたかのように(母国語と同じように)習得」
します。



教材が家に届いてからびっくりしましたが、
ディズニーの英語システムの教材には
両親向けのガイド以外、日本語訳は一切書いてありません。


CDを聞くだけ、DVDを見るだけ、単語カードを通すだけ
で、言葉のもつ意味が理解できるようになっています。



私も、子どもと一緒にCDを聞いたり、DVDを見たり、
単語カードで遊んだり していますが、
最初はまったく、英語が分かりませんでしたけど、
4年も使っていると、不思議なことに、
今では、ディズニーの英語システムの教材に出てくる
単語や歌の意味は、ほとんど理解できています。

両親向けのガイドにある和訳などは一切見てないのにですよ!!


ディズニー英語に出てくる「歌」が、よくできているなーと思います。
それは、アドバイザーの方も言っておられたのですが、
普通の歌だと、「詩」だったりしますよね。
ディズニー英語に出てくる歌は、すべて、
普段、会話に使う文章そのものが歌になっています。
たとえば
「Mickey Mouse has a dog and his name is pluto」
という歌があります。(ミッキーマウスは犬を飼っていて、その名前はプルートだよ)

それが、イベントなどで、替え歌として登場します
「We have a special friend and his name is Zippy」
(特別ゲストが来ているよ。それは、ズィッピーだよ。)

誰かの紹介と、その人の名前を言いたいときは、このフレーズを思い出して、
主要な部分を変えればいいのです。


私はディズニー英語のほとんどの歌をマスターしましたので、
即席で私にも替え歌出来ます。子供を紹介するとしましょう。
「I have a dear son and his name is Kenji」
(私にはかわいい息子がいて、名前はケンジです)
こんな感じですか。


親の私にも英語が理解できる。
教材としては、いいものだと思います。

こちらもあわせてご覧ください
ディズニー英語が早期英語教育を提唱する理由



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。