無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

対象年齢で選ぶ

幼児英語教材は、対象年齢が設定されており、
さらに、対象年齢の幅もそれぞれちがいます。
長く使えるものは、教材のボリュームもあり、
かつ価格も高くなりますが、

対象年齢の幅が狭いと、教材のボリュームも価格も
お手ごろといえます。


《対象年齢で選ぶ》

  えいごであそぼプラネット
   0才から6才
    テレビでもおなじみの、体を動かしながらのリズムのいい音楽は、幼児期に楽しめそうです。
    対象年齢が6才までなので、長く使える教材ではないですが、その分、価格はお手ごろです。

  ディズニーの英語システム
   0才(マタニティーも)から中学生くらいまでいけます
    「0歳からの聞き流し」を進めています。
    マタニティーから聞いている人もいるほどです。
    そして、関係代名詞を使った長い文章も、出てくるので、長い間使える教材です。
    その分、教材費は高価です。

  ワールド ワイド キッズ イングリッシュ
   1才から6才くらいまで("小学校にあがるまで長く使えます"とのこと)
    1歳未満のお子様には限定で、メイン教材に入る前に2回、教材が無料で送られてきます。
    CD付き絵本とパペットです。
    メイン教材は基本的には1歳からお届けなので
    「0歳から本格的に!!」という考え方ではないようです。
    
  こどもチャレンジEnglish
    2才から6才
     教材が、2かから3才・3から4才・4から5才・5から6才
     の4つのコースに分かれています。
     「ワールドワイドキッズ」とは、同じベネッセですが、
     ワールドワイドキッズの方が「本格的」で、
     こどもチャレンジの方は「英語に慣れ親しむ」ことを目的としているようです。

  天空の魔法ガーデン
    4才から低学年まで
     教材学習より、ウェブ中心のインターネット学習が中心になります。
     ちょっと、大きい子向けです。
     英語に抵抗感があっても、Webゲームが充実しているので、
     楽しく取り組めそうです。




⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。