無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

DWEディズニー英語システムVSワールドワイドキッズイングリッシュで迷っている

DWEディズニー英語とワールドワイドキッズの
英語習得度の違い



本気で、「子供をバイリンガルに育てたい!」
と考えたときに、候補に挙がる幼児英語教材は
上記の2つに絞られるんじゃないかなーと
思っています。

この双方で迷っておられる方、非常に多いですね。

そこで、
私なりに、「ディズニー英語VSワールドワイドキッズ」
と題して、「バイリンガルを目指す」ということを前提で
勝手に検証してみたいと思います。

「どちらの教材もバイリンガルになれる可能性がある」と書きましたが、
具体的に、どの程度の会話力の差が出てくるのかを
私なりに検証したいと思います。

たとえば、将来の夢について語るとき(医者になりたい、と言う場合)
ワールドワイドキッズイングリッシュの教材では
「I want to be a doctor」
と、答えれるほどの英語力は期待できます。

短い文章なら話せることが期待できます。
一方
ディズニーの英語システムでは
「When I grow up I want to be a doctor」
といった、長い文章を話せる英語力が期待できます。

「When」や 「It is ~ that ~」などの関係代名詞や
過去形、現在進行形、現在完了形、仮定法などの難しい文法も
使いこなせるような教材となっています。

この会話力の差は
双方の教材の対象年齢の設定が違うからです。
ワールドワイドキッズイングリッシュは6歳まで、
ディズニーの英語システムは小学校卒業程度まで
と設定されています。
ワールドワイドキッズは
6歳が理解できる程度までの難易度に設定され、
ディズニー英語は
小学校卒業までの会話力なので、日常会話のほとんど

ほぼ大人の話す会話力まで設定されています。


DWEディズニー英語とワールドワイドキッズの金額の差



そして、
双方の違いは、なんと言っても「金額」ですね。

ワールドワイドキッズは、全部で189,000円のみです
金額が安い分、ワールドワイドキッズは、気軽に取り組めます。

しかし対象年齢が、小学校入学程度までなので、
バイリンガルを目指すなら、
「幼少期はワールドワイドキッズで英語耳を養い、
小学校入学と同時に英語教室に通わせる」
方法になるかと思います。

なぜなら
せっかく覚えた英語も、使い続けないと忘れてしまうからです。
ワールドワイドキッズ卒業後もなんらかの方法で
さらなる上達を目指して、英語を続けなければ、
バイリンガルを目指すことは出来ません。



一方
ディズニー英語は、基本的なセットで
60万円前後かかります。
(ミッキーマジックペンセット抜きで)
さらに、ワールドファミリークラブ会員に入ると、
さらに毎月の会員費用が(約3,000円)必要ですが、
さまざまなサービスを受けることが出来ます。
私は、ディズニー英語を選んで、バイリンガルを目指すなら、
会員に入ることが、絶対におススメです。


ディズニー英語の対象年齢は、小学校卒業程度だと申しましたが、
実は、ディズニー英語側は、具体的な対象年齢を設けていません。
私が思うに、小学校卒業まで続けるのが適当かと思います。
実際、中学生でも十分に使えます。
前述でも書きましたが
中学校の最後のほうで学んだ、
あの難関の"関係代名詞"。ディズニー英語で出てきますから。

しかし
多くの子供たちは8~10歳で卒業しています。
卒業しているからといって、英語がペラペラかどうか
わかりません。一定の課題を提出すれば卒業できるわけですから。
私は、さっさと課題だけ提出して早く卒業してしまうより、
小学校卒業まで、じっくり取り組ませたい
と考えています。

ディズニー英語も、ワールドワイドキッズ同様、
バイリンガルを目指すなら、
英語に触れ続ける必要があるため、
小学校卒業とともにディズニー英語を卒業し、
その後、英語教室へ通う必要が出てくるでしょう。
ワールドファミリークラブ会員をずっと続けて、
テレフォンイングリッシュの時間を
「フリーカンバセーション」にすることで、英語力を維持できている方もいます。

私としては、子供が中学生くらいまで大きくなったら、
週1回の、10分くらいの少ない時間のために
3000円の会費を払い続けるのは
少々高いかな~と思っています。

本人が希望すればですが、
我が家は、子供が中学生になったら
英語教室に行かせてあげたいと思っています。
英語教室では、ネイティブの先生と「フリートーク」ができるように
ディズニー英語で、しっかりと
英語を習得させてあげたいと思っています。



さて、
「バイリンガルを目指すなら、英語に触れ続けることが大事」
と申してきましたが、
双方の英語教材の違いは、金額もそうですが、
「英語教室などに通うタイミング」の違いだと思います。

ワールドワイドキッズは小学校入学から、
ディズニー英語は中学校入学から、
通うとすると、両者には6年の差があります。

仮に、幼児教材を卒業後、英語教室に通うとします。
駅前にあることで誰でも通えそうな
「NOVAキッズ」を例にしますと、
週に2回のレッスンで月額15,600円かかります。
小学校の6年間、通うとなると

15,600×12ヶ月×6年=1,123,200円!!
結構かかりますね。

小学校卒業(12歳)までに
ワールドワイド→NOVAキッズという経路をとった場合
英語教育にかかる総額は
189,000+1,123,200=1,312,200円です

小学校卒業(12歳)までに
ディズニー英語一本だと、英語教育にかかる総額は
600,000+(3000×12ヶ月×12歳)=1,032,000円です。
()内の式は、ワールドファミリークラブ会員に
12歳まで入会していた場合です。

そう考えると、ディズニー英語の価格も、
それほど高価ではないように思えてきます。

(最近では、基本的なセットとして80万円ほどのセットを
 アドバイザーに勧められているようです。
 おそらく、ミッキーマジックペンセットも入っていると
 そのくらいに金額になってきます。
 詳細は下部の「コメント」をご覧ください。
 ご訪問いただいた方に、ご指摘いただきました。
 ありがとうございます!)


DWEディズニー英語とワールドワイドキッズ
の究極的な違い



結局・・
バイリンガルを目指す教育をした場合、
両者の究極的な違いは何だと思いますか?



「やめたいときにやめれるか」なんです。


ワールドワイド→NOVAキッズ 
はやめたいときにいつでもやめれます。
ディズニー英語は、ワールドファミリークラブ会員は
いつでもやめれますが、初期投資した教材代金は
やめたくても返ってきません。

一方、小学校に入学と同時に英語教室に通うとなると、
週に2回の送迎は、私にとってはキツイです。
お仕事をされている方も、これからお仕事をするかもしれない方も
子供の習い事の送迎は結構、負担になっているようですよ。
中学生にもなれば、
自分で英会話教室に通ってくれるかなと思っています。


以前、「共働きのご家庭は、工夫してディズニー英語に取り組んでいます」
と申しましたが、英会話教室への送迎の負担を考えると、
「ディズニー英語で工夫して努力する」ほうが楽かも分からないですね。


幼児英語教材、よくよく考えて決めてくださいね。



ちなみに・・
金額的に、ゆとりがあるのなら
幼少期から、英語教室に通っても良いとは思いますが、
「英語教室のみ」というのはおススメしません。
というのは、
英語を話せるようになるまでに、
「インプットの時間が6000時間必要」
だといわれているからです。
英語教室だけでは、6000時間を達成できません。


ちなみに・・
ワールドワイドキッズをしている「英語教育に熱心な」
ママ友がいるのですが、
お子さんが年中さんになったときに、
ワールドワイドキッズと平行して
英語教室に通わせることに決めました。
「テレフォンイングリッシュは、毎回やっているの?
うちは、そんなサービス無いからな~
ディズニー英語にすればよかった」
とよく言っていました。

英語教育に熱心な方は、
ディズニー英語のほうが、結局は安くつくかもしれませんね。


我が家がディズニー英語を使用しているせいか・・
ディズニー英語をひいきするような内容になってしまったので、
↓こちらの記事もあわせてご覧ください
「ワールドワイドキッズイングリッシュは人気教材!」

↓ワールドワイドキッズイングリッシュの無料サンプルはこちら

お子さま向け英語教材:無料おためし教材プレゼント中!



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。