無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

「子供と一緒に遊んだだけ」という親

ディズニー英語で両親向けに配布されるマガジンには
成功体験について、よく紹介されています。
また、イベントなどで成功体験などを聞くこともできるのですが、

私が今まで見知った成功体験談のほとんどは
「私は何もしていません。子供と一緒に遊んでいただけです」
というのです

つまり
成功者の体験談の多くは
「親は苦労していない」
というんですね。



私は「苦労」していますが「苦痛」ではないんです。
「楽しく苦労している」という表現がぴったりです。

私自身、ディズニー英語で遊ぶのが大好きなので、
それをいかに子供に一緒に使わせるかを
悪戦苦闘しているわけです。

これからも、長く楽しめる自身はあります。



英語が大嫌いで、かつ普段から忙しすぎて
ディズニー英語で一緒に遊ぶことすら
「苦痛」と感じる親もいらっしゃるでしょう。


ディズニー英語の成功者の共通するところは
「親が楽しいと感じているか」ということ
だと思うのです。

「親が楽しい」ということが
「子供と一緒に遊んだだけ」というコメントの根本
だと
私は思っています。
「親が楽しい」=「苦労していない」ということです。

親が楽しいと感じていないと、
一緒に遊ぶことが苦痛になりますから。



成功者の多くは
「親がディズニー英語の教材を楽しいと感じている」
ということなんです。



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。