無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

英会話教室とディズニー英語教材の理解力の差

英会話教室と自宅英語学習が
同じ月謝で習うことが出来るとすると、

自宅で英語を学習するよりも
英会話教室の方が価値が大きいように思えますね。

自宅学習だと「独学」という気がしますし
英会話教室だと「教えてくれる」からでしょうか。



幼児期の
自宅英語学習のよさは「大量のインプット」が行えることです。
英会話教室だと、「限られた時間のその場だけの英語とのふれあい」
です。

英語に触れる時間が違うと、どのような違いが起こるのでしょうか。


英会話教室に通う、長男君と同じ年齢のお友達がいるのですが、
そのお友達は4歳くらいのときに
簡単な「物や色」を英語で言えてましたし、
あいさつや、自己紹介などを英語で言っていました。
私の印象としては、
英会話教室の「テキスト通りのことはマスターしている」といった感じです。
しかし、4歳の長男君も会話力においては
まだ同じようなレベルです。


ここで、
ディズニー英語でインプットを大量に行った
成果というのを私なりに解説できたらと思っておるのですが、

4歳の長男君の口から発せられる英会話力は
先に紹介した英会話教室に通うお友達と
さほど変わりません。
しかし、「英語の理解力」が格段に違うと思っています。

↓下の写真はQ&Aカードです。
このカードをプレイメイトに通すと
クイズが流れます。
Q&Aカード

↓このカードの音声は次のとおりです(クリックしてお聞きください)
Q&Aカード音声
 (このカードの音声はプレイメイトに通すたびに5種類のクイズがランダムで出てきます)

クイズの内容、なんて言っているか分かりますか?
「What does Mickey use to dig holes」(ミッキーは穴を掘るのに何を使いますか?)
といっています。

長男君は、「ショベル」という英単語をまだ知りませんので、
ミッキーが持っているショベルを指差して、
「これや!」と言います。


「ショベル」という英単語を知っているかどうかは重要ではないです。
単語力はそのうち増えてきますから。
注目すべきなのは、
「ネイティブが発する文章の中から、自分の知っている英単語を
聞き分けられている」
ということなんです。

長男君はクイズの音声の中で知っている英単語は
「dig(掘る)」と「holes(穴)」です。
それをヒントに、合致したイラストを指差ししたのです。

長男君は、このような形で、
Q&Aカードの少々難しいクイズにも
ほとんど正解できます。


英会話教室だけだと、
ここまでの英語の理解力は無理じゃないかと
思うのですが・・どうでしょうか?

ディズニーの英語システムのインプット効果は
証明できたでしょうか?



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。