無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

バイリンガル教育やDVDによる言語発達に与える影響

(1)「バイリンガル環境は、子供の言語発達によくない」

(2)「テレビやビデオ、DVDは幼児期には悪影響」

どちらも、最近よく聞きますね。


今日の通信英語教材には
DVDは絶対についてきますから
上記の2つともダブルパンチで悪影響じゃないか!!
えらいこっちゃ!と思ってしまいますね。


こういったマイナスの話ばかり聞かされると、
バイリンガル教育は断念しようかな
とすら思うかもしれません。


実際、
我が家の次男君は1歳半検診で
言葉の遅れを指摘され、
言葉の遅れ以外にも、
「気がかりな様子」がありました。


本当に不安で不安で、心配で心配で・・

インターネットや書籍で調べたり、
発達相談の言語聴覚士のもとに行ったり、
他の民間の育児相談にも行きました。


私が次男の育児を通して
たくさん勉強したことを
紹介したいと思います。

ただ、「バイリンガル教育やテレビ・DVDによる影響」
については、今でも色んな論議がありますので
あくまでも、
「私が色んな書籍を読んだり勉強したりして
自分自身が納得し、共感したものをレポート」
していますので
「私個人としての意見」ととらえてくださいね。


そして、次男君の発達の遅れは
決して「ディズニー英語でバイリンガル教育をしたから」
ではありません!!


心配しないでくださいね。


目次
・バイリンガル教育と言葉の発達
・テレビやDVDは幼児期には悪影響か
・日本語より英語が先に出てくることによる自信喪失
・バイリンガル教育による言語発達が心配な方に
・言語発達に遅れが出た場合「様子を見る」ということについて



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。