無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

ディズニーシーのグループツアー「ディズニーマジックの海へ」を体験!

ディズニーシーのグループツアー
「ディズニーマジックの海へ」の内容




我が家は、
「ディズニーの英語システム」のイベントのひとつの
東京ディズニーリゾートでのイベントのあと、
個人的にホテルやツアーなどを予約したりして、
パークを楽しむことが恒例となっています。

2012年は
ディズニーシー内で行われる
グループツアー「ディズニーマジックの海へ」
を予約することができました。

これは、
ディズニーホテルを公式サイトで予約した特典として、
優先的にツアーやレストランを事前予約できるシステムを
利用しました。


ツアーについては当日枠もあるそうで、
運がよければ、(朝一番にパークに入場できれば)
予約できることもあるそうです。
実は、
ディズニーシーでのツアーが良かったので、
次の日の
東京ディズニーランドでのプレミアムツアーも予約したくて、
当日枠を狙って朝一番に入場しました。
その、詳細については後半で説明するとしまして・・


さて、
「ディズニーマジックの海へ」の内容ですが、
グループツアーですので、最大12名程度のツアーとなります。
所要時間は2時間半です。
ツアーの内容は、あらかじめ決められているようで、
ツアー時間内に
「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」
「タートル・トーク」の2つが並ばずに裏口から
入場させてもらえます。
そして、
ツアー時間外で
「レジェンド・オブ・ミシカ」、「ファンタズミック!」」
その他、期間中に特別に解されている水上ショーのうちの
どれかひとつを優先座席で見ることができます。
さらに、サプライズとして、
「あの彼!」に会うことができます。


ツアーでのルートの説明をしたいと思います。
まず、
入場ゲートすぐ横の
ゲストリレーションセンター前で集合したあと、
イヤホンが一人ずつに配られます。
このイヤホンは、
雑踏の中でも、多少ガイドさんから離れても
ガイドさんの声だけを拾って聞こえるような仕組みになっています。

さて、出発後、
メディテレーニアンハーバーを反時計回りに、右側へ
進んでいきました。
ところどころ、ガイドさんが立ち止まって
ディズニーシーのクイズや魅力的なお話をしてくれます。
歩いている途中も、ガイドさんが終止話をしています。
ミステリアスアイランド→マーメイドラグーン→アラビアンコースト
へと進んでいきました。
アラビアンコーストにて
「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に
裏口から入場しました。
ドアを2枚ほど隔てると、もう乗り場でした。
待たなくて乗らせてもらえるなんて、
子連れにはありがたい出来事でした。

その後、
ロストバリーデルタ→ポートディスカバリー→
アメリカンウォーターフロントまでやってくると、
「S.S.コロンビア号」の中に入り、デッキまで案内されました。
そこで、いよいよ
「あの彼!」に会うことができます。

テーブルイズウェイティングのショー直前だったので
船長の衣装での登場です。
グループごとに、
彼とのプライベートな時間を少しだけくれます。
その間に記念撮影。
プロのカメラマンも撮ってくれます。
もちろん、自分のカメラでも撮影してもらえました。

彼とお別れしたあとは
「タートル・トーク」を楽しみました。
もちろん、一切並ばずに!

そのあと、解散となりました。
ちょうど2時間半が経過していました。


非常に激混みのなかを
人ごみを縫いながらの、ツアーはかなり疲れました。
それにもかかわらず、ガイドさんは結構ハイスピードで歩きます。

5歳と2歳連れの我が家は大変でした。
2歳はベビーカーに乗っているので大丈夫ですが、
5歳が歩くには、距離的にもスピード的にもきついです。
さらに、人ごみだし。
結局、ツアー後半、体重の重い5歳をベビーカーに乗せて、
2歳を抱っこでツアーを回りました。


水上ショーのガイドツアー専用鑑賞場所は?




ツアーのいいところは
ツアー時間内だけではないです。

水上ショーの観賞場所が確保されているため、
ショー開始のギリギリまで、遊んでいられます。
場所取りをする必要が一切いりません。
ツアー終了後も、
時間を無駄なく使えるのが魅力的です。

さて、
ガイドツアー専用鑑賞場所ですが、
メディテレーニアンハーバーの右側に位置している
トランジットスチーマーライン乗り場の2階となります。

水上ショーを真横から見る形になってしまいますが、
それでも、「ファンタズミック」では
ドラゴンが一番間近に見られて迫力のある席でした。
しかし、真横からでは、ウォータースクリーンは
見えませんでした。
そもそも、ディズニーシーでの水上ショーは
どの位置から見ても、メリットとデメリットがあります。
正面から見ても、「全体が見えるが、遠いので迫力に欠ける」
といったように。

ガイドツアー専用鑑賞場所の利点は
「並ばずに済むこと」
「迫力はあること」
「ゆったりと見れること」です

トランジットスチーマーライン乗り場の2階にやってくると
結構、広々したスペースに
ベンチが2列だけ配置されているだけです。
1列目と2列目は2メートルほども間隔があったように思います。
ショー5分前にこの場所にやって来ても、1列目でした。

しかも、1列目は座って見るように指示されますが、
2列目は立って見れますので、
目の前をさえぎる人はいません。

他人と肩が触れ合うようなこともなく、
ゆったりと見れます。


ディズニーリゾートでのツアーは当日でも予約できるのか?



ディズニーシーでのグループツアーが大変満足だったので
次の日も、
ディズニーランドで
今度はプレミアムツアーを予約してみよう
ということになりました。

プレミアムツアーは
1グループに1人ガイドが付いてくる
プライベートツアーです。
こちら側の希望を(ある程度)聞いてくれて、
ガイドがアレンジして案内してくれます。
ファーストパスを実施しているアトラクションなら
自由に楽しむこともできます。


そもそも、ディズニーホテル宿泊者特典として
事前に優先予約できるものなのに、
当日に予約できるものかと、思いましたが、
「当日枠はあります!」

ただし、朝一番に入場できないと難しいと思います。

我が家は、ディズニーホテル宿泊者特典である
「東京ディズニーランド ハッピー15エントリー」
を利用して、
開園15分前の東京ディズニーランド入園して、
ツアーの当日枠を狙うことにしました。

ツアーの予約は代表者1人でいいので、
私だけが入場し、
家族にはホテルでくつろいで待ってもらうことにしました。
(子供たちは、まだ寝てましたけどね)

さて、
開場15分前に入場できる専用のゲート前にも
まだ30分前なのに、
すでに10メートルの列ができていました。

開場と同時に、直進して走る方もいれば、
ミッキーやミニーと写真が撮れるグリーティング場所へ
並んだり、さまざまでしたが、

ツアー予約ができる、ゲストリレーションへ走っていく人は
ほとんどいませんでした。
それでも、私がゲストリレーションへ着いたときには
すでに4人並んでいました。
「これはいけるかな!」と感じました。

我が家は 
帰りの飛行機の関係で、
遅くとも昼の1時には開始されるツアーを希望していました。
しかし、私の順番が来たときには、
夕方3時以降のツアーしか空いていませんでした。

私の前にすでに並んでいた4人のうち、
正午前後に予約をした方がいたようです。
残念ですが、ツアーの予約はあきらめました。

一番前に並ぶことができれば、
混雑時のディズニーランドでも
当日枠で
希望の時間のツアーを予約することができるようです。
一番前でなくとも、夕方開始されるツアーなら、
当日予約はできるようです。

しかし、こんなに前列で並べたのも
ディズニーホテル宿泊者特典の
「ハッピー15エントリー」を利用して
開場15分前に入場できたからであり、
通常の入場ならば、混雑時のツアーの当日枠は難しいと思います。

特典付!ディズニーホテルの予約ならココ



⇒ホームへ    
スポンサーサイト

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。