無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

ディズニー英語は英才教育?

ディズニーの英語システムをしていると
親戚や友人に話すと、よく言われるのが

「英才教育やな~」


言われてみれば、
赤ちゃんのころから英語を学ばせるなんて、
はたから見たら、英才教育そのものですよね。


でも、
親の私自身は、
全くその自覚がないのです。


では
「英才教育」のイメージってどんなものでしょうか。

・早期の詰め込み教育
・熱心な押し付け教育


こんなところでしょうか


ディズニー英語は確かに
「早期教育」ではありますが、
「詰め込み」という感覚はまったくありません。

子供自身は、ディズニー英語の教材を
「教科書」ではなく「おもちゃ」としか、思っていません。


「熱心か?」と問われれば、
熱心だと思います。
できるだけ、教材で一緒に遊べるように
私自身が子供のために多くの時間を作れるよう
努力していますから。

「押し付けか?」と問われれば
我が家は、強制的にはさせていないです。
「教材で一緒にあそぼう~」と誘っても、
本人が嫌がれば、強制はさせません。

「教材で遊んでよ」というご家庭もあるでしょう。
「押し付けか?」どうかについては、
それぞれの家庭によって違うと思いますが、

「熱心に押し付けてしまう親ほど
子供を英語嫌いにさせてしまう」と
ワールドファミリーは言っています。



私自身、ディズニー英語で
子供と一緒に遊び、楽しんでいますから
ぜんぜん「英才教育」だとは思ってなくて、
「やらせている」感も全くないです。


「子供をバイリンガルに育てたい
と考えている事こそ、英才教育だ」
と言われれば、
我が家は「英才教育」ですけどね。
関連記事
スポンサーサイト




⇒ホームへ    

コメント

Secret

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。