無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

ディズニー英語とワールドファミリークラブは英語以外も教えてくれる

ディズニーの英語システムを使うまでは、
「ガチな幼児英語教材」
としか思っていなかったのですが、


教材を使いこなすうちに、
「英語教材」以外の魅力がたくさんある教材だなー
と、とても感心しているんです。

教材の中に出てくる歌や、
ワールドファミリークラブで学べることは
英語以外の「道徳的」な部分もたくさんあります。


たとえば、
プレイアロング内の曲「Sharing(分け合う)」や
シングアロング1の中の曲「Taking turns(順番交代)」は
子供が、お友達とおもちゃの取り合いになったときに
歌って教えてあげましたし、

他にも、「お片づけ」や「起きたら顔を洗う」などの
日常的なしつけとして使える歌もあります。


イングリッシュカーニバルでも
テーマは「友情」「思いやり」「個性の尊重」
といった、メッセージ性の強いものです。
親のほうも、考えさせられる内容です。



ディズニーの英語システムとワールドファミリークラブは
「英語」だけでなく「心をはぐくむ」教材だ
今では思っています。
関連記事
スポンサーサイト




⇒ホームへ    

コメント

Secret

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。