無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

日本人は英語習得に不利な民族

日本語の音域は英語の音域と、かけ離れている!



人が聴きとれる周波数は16〜16000ヘルツ
といわれており


それぞれの言語の音域は次の通りです
日本語 125〜1500ヘルツ
英語 2000〜12000ヘルツ

中国語 500〜3000ヘルツ
イタリア語 2000〜4000ヘルツ
ロシア語 125〜8000ヘルツ

ここで、注目していただきたいのは
日本語と英語の音域です。

日本語は世界の中でも最も低周波な音域の言語で
英語は世界の中でも最も高周波な音域の言語です。
日本語と英語の音域は、正反対の
周波数が全く交わることのない言語どうしなのです

なんと
脳科学の専門家は
日本人の耳は英語の音域を
「雑音」だと処理している
というのです

なぜこういうことになってしまうのでしょうか?


乳幼児期に、無駄な音域は排除される



産まれたばかりの赤ちゃんは
学習しなければならないことがたくさんあるので
生きていく上で
必要がないと判断されたものは
脳から排除する

という、機能があるそうです。


日本人として生まれた赤ちゃんは
日本での生活に必要のない高い周波数を
あえて聞き取らないように成長していく
のです。

この日本語と英語のかけ離れた音域こそが
日本人が英語を苦手とする所以
なのです。
(日本人は言語が低周波なゆえに、
英語に限らず
外国語が全般的に苦手な国民だと言われています)

では、一体どのようにすれば
周波数の違う言語をききとることが
できるのでしょうか。


乳児期・幼児期に英語を聞かせる



それは、
聞き取ることができる周波数が
決まってしまう前に


つまり
乳児期・幼児期のうちに英語の音域を浴びせる。
ということです。

そうすることで
英語の周波数に反応する脳細胞を温存するのです。


乳幼児期に英語の音域を浴びさえすれば、
大人になってからも、
英語を聞き取ることができるというわけです。
乳幼児期に培った「英語耳」は
受験期や大人になってからも役立つのです。

日本人にとっては、
乳幼児期を過ぎてからの英語習得は
他のどの国の民族よりも
困難だということなのです。


このように
母国語を学ぶのと同じように(母国語方式)
乳児期・幼児期に英語のシャワーを浴びせることが
英語習得の近道なのです。
スポンサーサイト




⇒ホームへ    

コメント

Secret

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。