無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

幼児英語教材を選ぶ、親側のメリット

「英会話教室」ではなくて「幼児英語教材」を選ぶメリットは
親側の目線から見ても、あります。


習い事に通っていると
子供の気分で
「行きたくない」「やめたい」という時があります。


我が家の場合は、長男君がピアノを習っているので、
「今日は行きたくない」というときは大変です。

でも、もともと子供が「ピアノ習いたい」といって始めたことなので、
その日の一喜一憂で休ませたりできません。
なんとかして子供の機嫌をとって行かせたりしますよね。

「好きな時間に、ディズニー英語をこなす」よりも
「約束の時間に、ピアノ教室に行かせる」
ことのほうが、私にとってはよっぽど負担です。


子供が習い事をすると
こういった「気分の波」に親が悪戦苦闘するのは常です。
「習い事に行く」のと「幼児教材」では
「習い事に行く」ほうが親の精神的負担は多いのです。


幼児英語教材は、
子供が「やめたい」「今日は行きたくない」と言ったときでも、
機嫌をとって無理に行かせる必要が無いですから、
親の精神的な負担も軽減されます。


逆に
英語教材の場合は、
本人が嫌がれば、
「一定の期間、マジでやめてみる」というのは
非常に効果的です。

「一定期間」ですよ。半月とか1ヶ月とか。


半月後くらいに
子供が「嫌だった」ことを忘れた頃に
さりげなく親がDVDをつけたり
教材であそんだりすると、また再開できます。

そのときの、吸収量といったら、
すごいですよ。
久しぶり=楽しい、のでしょうね。
また、機嫌よく教材に取り組んでくれます。
嫌がるのに、だらだらさせるよりは、よっぽどいいです



「自分のペースで続けられる」
これが幼児英語教材の最大のメリット
だと思います。


共働きの場合は、「習い事については
送迎が出来ないので習わせてあげられない」
という悩みがあるようです。
しかし
幼児英語教材ならそんな心配は要りません。

たとえ、教材で遊ぶ時間が少なくても、
工夫次第で、
「英語を習得できるとともに、
親子の時間を充実したものにできる」
のです。
一石二鳥です。
関連記事
スポンサーサイト




⇒ホームへ    

コメント

Secret

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。