無料お試しプレゼントはこちら!!
ブックマーク
カテゴリ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




⇒ホームへ    

ママが遊んでみると子どもの方から寄ってきます

このカテゴリでは、
通信教育を続けていくための工夫や
行き詰ったときの対応などを
ディズニーの英語システムを例にして
紹介しています。
他の通信英語教材を使用している方の
参考にもなるかと思います。


今回は、教材を使って遊んでほしいなー
と思っているが、なかなか遊んでもらえないときの
対応を書きたいと思います。
じつは、別の英語教材を使っているママ友から
相談を受けた事柄なんです。


教材に触れてほしいときに、教材を出してきて
「これで遊んでねー」と言っても
なかなか遊んではもらえないです。
強制しては余計に遊んでもらえないです。

そんなときは、
「親が楽しそうに遊んでいるところをみせる」
しばらくすると、子供のほうから寄ってきます。
そして、一緒に遊んであげましょう。
子供は、親と一緒に遊びたいのです。

でも、忙しくてなかなか時間がとれないですよね。
働いている方はなおさらです。
10分でも、5分でもいいと思います。
一緒に教材で遊ぶことが、
教材離れをふせぎ、英語習得の近道になると思っています。


私も、出来るだけ子供と一緒に遊ぶ時間を作るために
「家事は手抜き」です
家事の時間を出来るだけ減らす方法をいつも考えています。
「私流の家事の手抜き」もそのうち
ご紹介できたら・・と思っております。
関連記事
スポンサーサイト




⇒ホームへ    

コメント

Secret

decoboko.jp

おすすめディズニー商品
検索フォーム
スポンサードリンク
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。